あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

三宮 第十兵庫楼 オムカツカレーで飲る

仕事終わりに軽く飲んで帰るつもりが、

ずるずると深みに嵌っていく。

ダメだと分かっていても、

心の何処かでは、このままもっと深く…

と思っているのだろうか。中々、抜け出せない。

 

f:id:sugi321:20200303213205j:image

 

神戸に戻って来てから、大衆中華で飲むことが増えた。

今なら、「町中華」と呼ぶべきだろうか。

何軒か良くお邪魔する店があるが、

三宮〔第十兵庫楼〕も、その1つである。

 

 f:id:sugi321:20200303213302j:image

 

仕事終わりに三宮駅で下車し、雲井通を東へとすすむ。

この通りは高層マンションが出来てから、

比較的、新しいお店が増えたが、

昔ながらの、大衆酒場や串カツ屋も並んでいる。

 

 

生田川近くまで進み、

セブンイレブンのある筋を左折(北上)すると、

目的地の〔第十兵庫楼〕がある。

さらに少し北上すれば、角打ちの〔吉川〕がある、

と言えば、酒飲みにはわかりやすいだろうか。

 

f:id:sugi321:20200225072112j:image

 

入り口のショーケース。

大衆中華でショーケースがあるところは、

基本的に間違いない(自分調べ

 


f:id:sugi321:20200225072054j:image

 

L字カウンターの短手に座る。

まずは、とりあえず瓶ビールと餃子をおねがいする。

 

 

f:id:sugi321:20200225073840j:image

 

 

瓶ビールには柿ピーがついてくる。

餃子が届くまでの間、絶妙な量の柿ピーで、

瓶ビールを飲みすすめる。

 


f:id:sugi321:20200225072102j:image

 

「はい、餃子〜」と奥さんらしき女性が、

焼き立ての餃子を運んでくれた。

「これ、自家製の辣油ね」

と小瓶に詰められた辣油が一緒に運ばれてきた。

中には色々な薬味が浸かっている。

醤油、お酢、自家製辣油を混ぜてタレをつくる。

タレをたっぷりつけた餃子を頬張り、

グラスに入ったビールを流し込む…

「はぁぁ、うまい」

 

 

そういえば、ここには、味噌だれはない。

味噌だれで有名な神戸は餃子専門店が多く、

それに比例して、餃子を語る輩が多い。

いわゆる、「餃子語り」である。

私も早くその域に到達したいものである。

 


f:id:sugi321:20200225072044j:image

 

〆に〔オムカツカレー〕をおねがいする。

名物のオムカレーにトンカツをライドオンした、

インスタバエの一品である。

ちなみにカレーは炊飯器で「保温」されている。

オムライスの味付けが薄めなので、

カレーやトンカツとも抜群に合う。

オムライス、カレー、トンカツという、

男の子が選ぶ三大好きな料理を、

1つの皿に盛り込んだスペシャリテである。

ビールが進まないはずがない。

 


f:id:sugi321:20200225072050j:image

 

 

第十兵庫楼はメニューも豊富で、ボリューム満点、

閉店時間が早いのが、リーマンとしては、

少し残念だが、仕事終わりが早い日は、

また、あの赤い暖簾をくぐるのである。

「とりあえず、瓶ビールと餃子で」