あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

北浦和 志げる ナンダカンダで志げるが好きなのである

f:id:sugi321:20161026193258j:image

 

 

この日は酒呑み相棒のBKDと2人。

仕事終わりに北浦和〔しげる〕で合流だ。

いつものごとく、

仕事終わりの早い私と、遅いBKD。

今日も1人、先に始めるしかないのである。

 

 

f:id:sugi321:20161026193410j:image

 

 

今日も変わらず、〔志げる〕の赤提灯が灯っている。

こんな駅近に、こんな楽園があるのだから、

北浦和在住の方は、いと羨まし。

 

「いま1人で、後から1人来ます」

と店員さんに伝えて店に入る。

この言葉、今まで何回使ったことだろうか。

 

 

 

f:id:sugi321:20161026193258j:image

 

 

小さな2人掛けのテーブル席に通され、

まずは「黒ホッピー」とお通しでスタート。

たっぷり中身でありがたい。

 

 

f:id:sugi321:20161026194031j:image

 

 

ポテトサラダがあったので迷わず注文。

味もさることながら、このボリュームがたまらんね。

ポテサラをアテにちびちびやっているところで、

BKDが到着。彼はいつもの白ホッピーである。

乾杯をして、やきとん含め何品かお願いする。

 

 

f:id:sugi321:20161026194158j:image

 

 

まずはレバタレ、なんこつタレ!!

思い出すだけで、食べたくなる…

 

 

f:id:sugi321:20161027212053j:image

 

 

はらみとねぎまだったかな。

塩で頼むと粗めの大根下ろしをつけてくれる。

いやもう、抜群の安定感でたまりませんな。

 

 

f:id:sugi321:20161027212315j:image

 

 

おそらく、忘れていたのだろう。

「タヌキ、通ってます?」と伺うと、

すぐに出してくれた、定番のたぬき奴。

木綿の上に、天かす、きゅうり、みょうが。

ワサビとめんつゆで頂くシンプルな一品だが、

飽きないので毎回頼んでしまう。

 

 

f:id:sugi321:20161027220950j:image

 

 

この辺りで、チューハイに切り替える。

やはり、甘くないチューハイは正義である。

しかも、カットレモン入りとくれば、

酔いにのまれるまで、ひたすら呑み続けるのである。

 

 

 

この時は9月上旬。

私が関東を離れ、家族と地元神戸に帰る。

前から相談はしていたが、いざ現実になると

一気に色々な感情が込み上げてくるものだ。

相棒BKDが涙ながらに寂しがる姿に、

かなり泣きそうになったが、

リーマンが2人、泣きながら呑んでる姿は、

想像しただけで、気持ち悪かったので、

必死でBKDの後ろにある冷蔵庫に納められた、

豚頭を見ていた。

 

 

f:id:sugi321:20161027221240j:image

 

 

豚の脳ミソを使った「志げる炒め」を食すのは、

また別のお話…