あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

赤羽 三楽 定番の目玉焼きで白ホッピーを

f:id:sugi321:20160921065812j:image

 

 

赤羽で呑んだ日のことをブログに書き留めながら、

今日も今日とて、赤羽に呑みにいくーーー

しかも、まだ8月のことを書いている。

今日から10月だというのに。。。

怠惰な酒呑みほど困ったものはない。

 

 

 

 

この日は遅がけに予定があったので、

少し赤羽で時間調整をしようと、

我が憩いの赤羽〔三楽〕にお邪魔することに。

 

 

 f:id:sugi321:20160921071330j:image

 

 

一度、訪れたことがある方ならわかると思うが、

いつもどこのドアから入れば良いか迷ふ…

 (三楽あるある)

 

 

f:id:sugi321:20160923234501j:image

 

 

お疲れさまさまの白ホッピーから。

コの字カウンター内に1人入っている、

お母さんが手際よく中身入りグラスと、

白ホッピーを出してくれる。

 

 

f:id:sugi321:20160921070122j:image

(再掲)

 

 

基本的に品書きは見ずとも、

頼むアテはだいたい決まっているのだが、

伸びて来たあごひげを指で触りながら、

一応に悩んでいる風情を出すのが良いのだ。

 

 

f:id:sugi321:20160923234429j:image

 

 

まずはやきとんタレから。4本300円也。

こういう固めの昔ながらのやきとんも好き。

「昔ながら」と使っておきながら、

昔のやきとんを知っているわけではないので、

その辺は適当に読み流して頂きたい。

 

 

f:id:sugi321:20161001073730j:image

 

 

ちくわの磯辺揚げ。

衣が厚めで、フワフワで旨い。

いやはや、ちくわよ。この万能な奴め!

 

 

f:id:sugi321:20161001075159j:image

 

そうそう、ちくわといえば、

『忍者ハットリくん』に出てくる「獅子丸」。

無類のちくわ好きで有名だが、好きになったのは、

 ちくわが大好物なのは池で溺れかかった時に偶々畔で弁当を広げていた主が食べ物で水遁用の竹筒替わりに代用したのが切っ掛け。

( 引用:ピクシブ百科事典

 

 

こういう理由らしい(ポカーン

味とかじゃないだな…なんだか複雑である。

まぁ緊急時にも活躍する万能な旨アイテムだ。

 

 

f:id:sugi321:20161001073859j:image

 

 

そして、我が定番の「目玉焼き」!!

そして、そっと出されるお醤油!!

そして、ソース派なのにお醤油派ぶる私。

ここはハムなし、卵2つタイプである。

で、半熟具合が絶妙なのである。

いつ食べても絶妙なので、さらに驚かされる。

硬過ぎず、かつ柔らか過ぎず…

箸を入れるとジワリと黄身が流れる感じだ。

目玉焼きをアテに白ホッピーを呑む。

今日もお酒が進むワン!