読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

十条 味の大番 からし焼き定食と大瓶で腹パン

東京都〔十条〕

f:id:sugi321:20160920071529j:image

 

 

 

仕事の出先終わり。

首尾よく案件を済ませて、

向かうは埼京線十条駅である。

まだ明るい内に無事に到着。

 

 

f:id:sugi321:20160920072246j:image

 

 

珍しく東口から出たこともあり、

思わず周辺案内図をパシャり。他意はない。

この場末ブログでも、しばしば登場する十条だが、

どうやら、私はこの十条という街が好きなようだ。

主たる理由は、酒場、商店街、路地、食堂…

といった所であろうか。

そうそう、電車ホーム〜改札〜酒場の距離が、

めちゃくちゃ近いのも魅力の1つである。

興味のある方は、埼京線下りホームで下車し、

斎藤酒場に訪れて頂きたい。

私ぐらいになると、乗ってきた電車が十条駅

出発するぐらいには斎藤酒場で一献始めている。

(んなぁことはないw

 

 

 

f:id:sugi321:20160920073517j:image

 

f:id:sugi321:20160920073730j:image

 

 

この日はサクッと帰宅する予定だったので、

酒場ではなく、食堂呑みをすることにした。

向かうは十条が誇る名店〔味の大番〕である。

 

 

f:id:sugi321:20160920073741j:image

 

 

店外には親切にも定食メニュー表が。

この他にも単品メニューもたくさんあった。

 

 

f:id:sugi321:20160920073918j:image

 

 

席に着くなり、大瓶を頂戴する。黒ラベルだ。

並々とグラスに注ぎ、何の躊躇いもなく、

一気に胃に流し込む。ぐぅ〜旨い。

店内を見渡すと先客の初老リーマンが1人。

単品メニューを摘みに、酒を呑んでいる。

かく言う私はやはり「からし焼き」が食べたい。

というわけで「からし焼き定食」をお願いした。

 

 

 

ちなみに「からし焼き」とは、


「からし焼き」とは東十条界隈のローカル・フードで、すき焼き風の甘じょっぱいタレにニンニク、生姜、唐辛子が入った肉豆腐のこと。味のしみた豆腐に良く焼かれた豚ロース、ネギとキュウリのシャキシャキ感、甘さのあとにやってくるスパイシーさと旨味、お酒にも白いご飯にもバツグンに合う!

引用元  君は東十条のローカルフード「からし焼き」を知っているか?|All About(オールアバウト)

 

という元気モリモリな一品である。

 

 

f:id:sugi321:20160920075816j:image

 

 

定食を待つ間、すぐ近くのブックオフで、

購入した「向田邦子の青春」という、

向田邦子の妹、向田和子著のフォトエッセイを読む。

しばらくすると、とんでもない大きなおぼんに、

ライドオンした「からし焼き定食」が運ばれてきた。

 (うわぁ、白飯の量がすごいw

 

 

f:id:sugi321:20160920080132j:image

 

 

これが「からし焼き」である。

スプーンでタレと具を一緒に食べるのだが、

これがもう… ご飯にめちゃくちゃ合うのだ。

そして、ニンニク、生姜の残り香が漂う中、

ビールを流し込むのである。圧倒的僥倖!!

 

 

 

 

 

ペロリんちょ(古い)と完食し、

そのまま、満腹と満足感で放心状態になる。

嗚呼、なんでこんなに旨いのに世に広まらぬのだ!

そして、なんで私は白飯と一緒に酒が呑めるのだ…

お会計をお願いし、ご馳走さまを伝えお店を出る。

 

 

 

 

 

お店から十条駅までの道すがら、

十条在住の同じ職場の飲兵衛上司とすれ違い、

危うく 拉致されて十条の夜に消え…るのを回避し、

すぐに来た埼京線に飛び乗ったのであった。