読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

神戸住吉 かこも→ぱねぱね 立飲みはしご酒

神戸市〔住吉〕

f:id:sugi321:20160912065118j:image

 

 

帰省の度に飲み過ぎては、

強烈な宿酔を迎え酒でごまかす…嗚呼。

儚い命の蝉のように怒涛の日々を過ごす私ーーー

 

 

なんて書けば、蝉から苦情が来そうだ。

彼らは命を燃やし、粛々と鳴き続ける。

子孫を残すべく「生」に向かい死んでいく。

それに引き換え、酒呑みはただ純粋なる怠惰だ。

摺り切り一杯に注がれた酒が零れないように

全神経を使い、口から酒を迎えるその顔には、

「生」の一片すら感じない。粛々と呑み続けて、

向かう先は泥酔と悔恨という終着駅である。

 

 

f:id:sugi321:20160912071216j:image

 

 

何日酔いかわからない体に鞭を打ち、

実家周辺を散策がてら夜の散歩をしてみた。

ネットで調べると何軒か立飲み屋がある。

神戸の立飲み屋の雰囲気を味合うかと、

一番、ネット上の評判が良かった〔かこも〕へ。

まずは生ビールから始める。

 

 

 

 

f:id:sugi321:20160912065230j:image

 

 

メニューを見ると、お酒も料理も旨そうだ。

小腹を埋めるべく、里芋のポテトサラダと、

本日のオススメ あぶりサワラの刺身を頂く。

あぁ、やっぱり神戸で食べる魚は旨い。

日本酒も品揃え豊富。ちびちびやるかなぁ。

なんて考えていたが、まだ調子が悪いので。

レモンサワーでお茶を濁す。

お盆だからか分からないが常連さんが、

入り口付近に並び、盛り上がっている。

良い店なので、多くの常連さんがいるのだろう。

こういう連帯感のある店は辛くなるので、

サクッとお会計を済ませて店を出る。

 

 

f:id:sugi321:20160912065300j:image

 

 

2軒目はすぐ並びの串カツ〔ぱねぱね〕へ。

入った瞬間、意外な広さに驚く。

まずはチューハイレモンを頂くが、

これが甘いタイプで悶絶…

レモンといいながら、甘いのはやめてほしい。

串カツがウリなようなので何本か注文。

 

 

f:id:sugi321:20160912065340j:image

 

 

しそチーズ

ハモ梅肉のせ

 

 

f:id:sugi321:20160912065406j:image

 

チューリップ

ばさ

 

中々、イケるではないか。旨い。

ちなみに「チューリップ」とは、

手羽先の手羽の部分を切り離してから、

身を骨に沿って巻き上げて作る、らしい。

主に揚げ物にして、骨をもって食べる。

王将や串カツ屋でよく見かけるので、

関西では比較的スタンダードな料理だ。

 

 

 

でさらに「バサ」である。

「バサ」とは牛の肺の部分、らしい。

神戸ではよく見かけるが、呼称か違うだけで、

それなりに全国で食べられているはず?

串カツの他に炒め物や、天ぷらなどがあるが、

実際、串カツ屋で目にすることが多いかな。

割としっかりとした弾力ある食感で旨い。

 

 

 

 

しかし、こちらのお店…

立飲みにするには勿体ないぐらいのスペース。

かなりゆったりして呑めるのだが、

なんというか赤羽いこいや、上野たきおか、

などで呑み慣れるとどうにも落ち着かない。

まあ、完全にこちらの問題なので、

サクッと会計を済ませてお店を後にする。

 

 

f:id:sugi321:20160912065531j:image

 

 

そのまま帰宅でも良かったが、

近くの〔ふうりん〕にて、〆にラーメンを頂いた。

なんのことはない普通のあっさりラーメンであった。

それでも二日酔いの身には有難い。

ゆっくりラーメンを啜り、スープを胃に流し込む。

きっちり完食し、そろそろ潮時やねと帰路につく。

ほろ酔いの帰り途、暗闇の中で、

たしかに一匹の蝉が声を枯らして鳴いていた。