読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

神戸三宮 創作家庭料理 ゑん屋 で地元播磨の酒を嗜む

神戸市〔三宮〕

f:id:sugi321:20160907065703j:image

 

 

守破離〕を出た私たち。

さて、どこに行きますか、と三宮の街を歩き出す。

祝日の前日とあっで街は賑やかだ。

生田新道沿いの呼び込みに辟易しながら、

当てのない酔っ払いが2人、

夜の闇に身を隠すようにひっそりと歩く。

 

 

一緒にいるN川氏は私より一回り上の独身貴族だ。

そして、ほぼ毎日三宮界隈で飲んでいるので、

声をかけるといつも一緒に飲んで頂けるし、

何よりお店に詳しいので非常に有難い。

学生時代からの付き合いなので、

もう10年来の飲み仲間になるのか…

なんて酒呑みが感慨に浸るわけもなく、

近くにしますかと、時々お邪魔している

創作家庭料理 〔ゑん屋〕 さんに向かう。

 

 

 

f:id:sugi321:20160907065727j:image

 

 

 

昔、かぶら屋さんがあった手前ぐらいのビル。

こちらも階段を上り三階へ。

カウンターだけの落ち着いた店内に、

テキパキと働く姿が印象的な女将さんが1人。

2組ほど先客がおり、皆さま日本酒を呑んでいる。

私たちはL字カウンターの奥に座り呑み始める。

まずは焼酎「中々」の水割りから。

 

 

 

f:id:sugi321:20160907065806j:image

 

 

この辺りで、仕事終わりの飲み仲間が合流。

同い年の女性なのだがN川氏とも共通の知人だ。

彼女は仕事上の役職が「取締役」なので、

「取締役」と呼ぶことにする。

取締役がまだご飯を食べていないみたいなので、

本日のおばんざい4種と串カツをお願いする。

こちらは丁寧に揚げてくれる串カツが旨いのだ。

 

 

 

f:id:sugi321:20160907065923j:image

 

 

〔ゑん屋〕さんは焼酎も日本酒も品揃えが豊富。

日本酒は兵庫を中心に、西日本が多い印象。

そしえ、値段もお手頃に頂けるので有難い。

というわけで、まずは「船中八策」を頂く。

高知を代表する1本。超辛口。旨いなぁ。

 

 

 

f:id:sugi321:20160907065703j:image

 

 

お次は「奥播磨」をお願いする。

兵庫は播州地方の酒である。

少し気になって「播州」について調べてみた。

播州」とは「播磨」の異称だそうだ。

wiki先生の「播磨」を引用したい。

 

 

明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。現在の神戸市域においては、須磨区を境に東部(長田区・兵庫区中央区・灘区・東灘区の全域および須磨区・北区のそれぞれ大部分)が摂津国西部(垂水区・西区のそれぞれ全域と北区・須磨区のそれぞれ一部)が播磨国であった

 

全域
兵庫県神戸市垂水区・西区・姫路市明石市相生市加古川市三木市高砂市・小野市・加西市宍粟市たつの市西脇市加東市多可郡加古郡・神崎郡・揖保郡・赤穂郡

 

一部のみ
兵庫県神戸市須磨区(神の谷・北落合三丁目・北落合四丁目・菅の台・西落合・竜が台二丁目・竜が台三丁目・竜が台四丁目・竜が台五丁目・緑台・弥栄台)・北区(淡河町淡河・淡河町勝雄・淡河町北僧尾・淡河町北畑・淡河町木津・淡河町行原・淡河町神田・淡河町中山・淡河町野瀬・淡河町萩原・淡河町東畑・淡河町神影・淡河町南僧尾)・赤穂市備前国の部分を除く)・朝来市生野町真弓・生野町川尻・生野町栃原)・佐用郡美作国の部分を除く)

当該地域の2010年国勢調査による人口は230万4449人(男111万3494人/女119万0955人)、世帯数は86万8208世帯、面積は3649.75km²、人口密度は631.4人/km²[1]。

 

 

 

あれ、少し自分の思っていたイメージと違う。

私の思っていた「播州」は姫路、たつの、赤穂…

要するに明石よりもっと西側と考えていたが、

バリバリ私が育った須磨区も入っているではないか。

そういう意味でかなり広義だが「奥播磨」は、

「地元の酒」と呼ぶに相応しいといえる…かな。

無論、地元に酒蔵があったわけではないが…

 

 

 

 

一方で、いま我が実家のある酒所の東灘は、

摂津国」になるわけだ。

(最近、大人の事情で実家が引っ越しました☆)

須磨区を境にして「播磨国」と「摂津国」が、

元々は別れていたという事実を今更知るという…

いと羞ずかし…

 

 

 

ここからは飛躍もあるが自分なりの考えを書く。

たしかに、神戸市近郊住民の心の深層には、

この「国の違い」が刻まれている気がする。 

それははっきりしたものではないが、

普段は明治以降に新しく線引きされた区間が、

機能しているので表に出てくることはない。

 

 

 

一例を多少の異論を承知で言うならば、

播磨(播州)側の人間はあまり灘の酒を、

普段から飲まないというか、

あまり灘を意識していないように思う。

なぜなら、この日呑んだ「奥播磨」以外にも

美味しいお酒が、明石や赤穂などにもあるし、

さらに美味しい食が沢山あるからである。

 

 

 

f:id:sugi321:20160907070040j:image

 

 

話があらぬ方向に進みそうなので軌道修正。

この〔ゑん屋〕さんは、中村よお著 

「肴のある旅 神戸居酒屋巡回記」で、

紹介されていたのがお邪魔した切欠である。

この本は上司から薦められて読んだが、

今回の話の流れでいくと「摂津国」側のお店が多い。

興味がある方は読んでみては如何だろうか。

 

 

 

 

〔ゑん屋〕のカウンターで地元の酒を呑む。

隣では飲み仲間が2人で盛り上がっている。

私は、快活な女将さんがテキパキと働く姿を、

ぼんやりと眺めながら、美味しいツマミと共に、

ちびちびと「奥播磨」を飲み進めていく。

もうこれで十分。良い店には良い空気が流れている。