読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

浮間舟渡 定食の店 しん 都内北限のセンベロ食堂へ

f:id:sugi321:20160726174344j:image

 

 

 

いま担当している仕事の関係で、

埼京線浮間舟渡駅をよく利用している。

一応、東京23区なのだが、

埼京線に馴染みのない方からすれば、

どこ?というか、なんて読むの?

といった感じであろう。

ちなみに、「ウキマフナド」と読む。

決して、「ウキマフナワタリ」とは読まない。

南米の奥地にいる脚の長い虫についてそうな、

そんな名前ではない。

 

 

 

〜〜閑話休題〜〜

 

wiki先生によると、浮間舟渡駅

 

1985年(昭和60年)に、東北本線の別線として建設された埼京線の開業とともに設置された。北区浮間と板橋区舟渡にまたがった位置にあるため、両者を合わせた駅名となった。駅の正式な所在地は、北区浮間となっている。

当駅に乗り入れる路線は、線路名称上は東北本線(別線)であるが、旅客案内上では埼京線として案内される。埼京線における当駅が東京都内最北の駅であり、当駅と戸田公園駅の間に支社境が設けられている。かつ特定都区市内制度における「東京都区内」の北限になっている。

 

とある。「東京都区内」の北限…

 

〜〜閑話休題 おわり〜〜

 

 

この浮間舟渡でよく会社の方々とも呑むのだが、

今日は比較的、早い時間に仕事が終わったので、

前々から行きたかった、

定食の店〔しん〕に単身向かうことにした。

 

 

 

f:id:sugi321:20160726175349j:image

 

 

スマホ片手に場所を調べながら進む。

傍目から見れば、ポケモンGOをやってる

リーマンのおじさんに見えているのだろうか。

おじさんは崇高な志の下、大衆食堂に向かっているのだ。

駅から10分ほど歩いた住宅地にお店を発見。

無事に営業を確認して一安心だ。

 

 

 f:id:sugi321:20160727071005j:image

 

 

暖簾を潜ると、先客はなし。

店内はテーブルが6卓ほど並んでおり、

周囲の壁や扉に、様々なメニューが貼られている。

テレビが見れるテーブルに荷物を置き、

注文するメニューを考え始める。

テレビでは大相撲の取組が流れている。

そうか、まだ18時前か…

 

 

f:id:sugi321:20160727070800j:image

 

 

よし、決まった、ということで注文へ。

注文はこのカウンターから行う。

親父さんが1人でやっていて、

注文すると即座に調理に取り掛かる。

そして、完成した品と交換で現金を支払う。

 

 

 

f:id:sugi321:20160727071456j:image

 

 

 

先に注文した「チューハイ」が出て来た。

「氷はわかる?」と聞かれたので、

「あ、これですよね」と返し、

足元にあるアイスボックスから氷を取り出す。

氷含め、基本的にセルフサービスのお店だ。

 

 

f:id:sugi321:20160727071650j:image

 

 

店内はドア開けっ放し、

ノーエアコンスタイルなので、

多めに氷を入れておく。旨そうだ。

 

 

f:id:sugi321:20160727071811j:image

 

 

アイスボックス上のテーブルにも、

小さなメニューリストが掲示されている。

申し訳なさげに、売り切れメニューには

上から〔終了〕札が掛けられている。

 

 

f:id:sugi321:20160727072243j:image

 

 

親父さんに呼ばれ、注文した品を受け取る。

スパゲッティサラダ 100円

目玉焼き 120円

チューハイ 280円        〆て500円也。

料理のボリュームもしっかりしていて、

目玉焼きの下には千切りキャベツが入っている。

チューハイも西瓜割りのレモン入りだ。

 

 

 

 

 

店内にあるスポーツ新聞を広げ、

主にエロ記事を読みながら、ゆっくりと飲み始める。

子どもの頃、目玉焼きには必ずソースであった。

それが、大人になるにつれ、

醤油がスタンダードだと知り、 

ミーハーな私はソース派を裏切り、醤油派に寝返った。

いま、店内は私だけだから、今日はソースでいこう…

誇張し過ぎたが、今日は気分でソースにしてみた。

 

 

 

久しぶりに食べるソース目玉焼き。

半熟の卵と絡まり、安定の旨さを発揮している。

また、目玉焼きの周りは、少し焦げている。

これが長年使い込んだフライパンから、

滲み出る謎の旨味成分を含んでいるからか、

香ばしく、とても旨いのである。

 

 

 

f:id:sugi321:20160727122117j:image

 

 

ペロリンチョとチューハイ、目玉焼き、

スパサラを平らげ、追加の品を注文する。

チューハイ 280円

ミックスフライ 280円    〆て560円也。

ミックスフライには、

イカ、カキ、メンチカツの三銃士が入っている。

しかも結構な量で、一人でつまんでいたら、

途中から少し苦しくなる始末。

しかし、これで280円とは…

余りに安いとお店が大丈夫かと心配してしまう。

なんとか平らげて、ご馳走さまを伝えて、

そそくさとお店を後にした。計1060円也。

 

 

 

 

私以外に客がおらず、テレビを見ながら、

カウンター窓口に座っている親父さんに

恐る恐る、営業時間を聞いてみたところ、

「6時から20時です」と返ってきた。

6時オープンか…すごいなぁ……汗

きっと夜勤明けなどで、

朝から一杯やりにくる人もいるのだろう。

 

 

 

 

 

都内北限の地 浮間舟渡で営業する、

定食の店〔しん〕は、安かろう旨かろうを、

体現した素晴らしいお店である。

また、一人で目玉焼きで一杯やりに来たい。

それと、休日に朝呑みにも挑戦してみたい。

6時から2時間呑んでも、まだ8時だ。