読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

赤羽 三楽 夫婦酒場は我が心のオアシス也

f:id:sugi321:20160716121432j:image

 

 

いつからか赤羽でよく呑むようになった。

都内に住み、OK川まで通勤していた頃は、

何もわからず、南口で一人飲み歩いていた。

埼玉に引っ越し、都内に通勤し出すと、

北口や一番街、裏赤羽へ行くようになり、

某場末スナックや、某オカマスナックで、

どんちゃん騒ぎをしていた頃もあった。

そして最近では、東口ララガーデン方面、

あとは、西口もブラつくようになった。

 

 

 

 

朝から呑める街として有名な赤羽。

全くの個人的な感想という前置きをしながら、

その本当の良さについてつくづく感じるのは、

赤羽駅の東西南北は、街の雰囲気が違うのに、

「ちゃんと良い呑み屋と出会える」という所が、

単純に凄いし、飲み歩いていて、とても楽しい。 

「街が呑兵衛を育てたのか、呑兵衛が街を育てたのか」

はよくわからないが、

東西南北で楽しみ方を変えられるという、

赤羽独特の酒呑み文化がそこにはある。

 

 

 

f:id:sugi321:20160716121145j:image

 

 

 

そんな賑やかな赤羽で、疲れた心を癒してくれる、

夫婦が営む老舗大衆酒場がある。

北口のOK横丁路地の〔三楽〕である。

 

 

 

 

f:id:sugi321:20160716121658j:image

 

 

 

この日は久しぶりの訪問だ。

一時期やたらお邪魔している時期があったが、

何の理由もなく、足が遠退いていた。

というか、他に行ってみたい店が多過ぎた。

要は他の女性(お店)に浮気したのである。

いつもの白ホッピーをお願いすると、

コの字カウンターに立つ、女将さんが、

ささっと準備をして、提供してくれる。

 

 

 

f:id:sugi321:20160716121432j:image

 

 

 

グラスにホッピーを勢いよく注ぐ。

なぜかいつも泡を立てようとするが、

別段、泡が好きなわけではない。

比率の問題で泡があった方が美味しく映る。

 

 

 

f:id:sugi321:20160716121743j:image

 

 

いつもの、やきとんはタレで頂く。

新鮮で油が乗った朝引き豚を提供する店も多いが、

昔ながらの固めの「ザ やきとん」というのも好きだ。

一人前4本入り300円。 たっぷり七味をかけて。

 

 

f:id:sugi321:20160716121819j:image

 

 

ニラ系のメニューが多い中、

今日はもやし卵炒めを注文。

濃い目の味付けで、これまたホッピーが進む。

 

 

 

 

カウンターに座り、 入れたボトルと、

1、2品注文をして静かに呑む常連さんが多い。

私も長居はせず、いつも軽く呑んで帰る。

追加の中を2杯呑み干し、お会計をお願いする。

帰り際、調理担当の大将に「久しぶりだね」

と声を掛け貰う。「またお邪魔しますね」と返す。

また近いうちに、しっぽり呑みにいこう。