読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

浦和 大衆食堂おすず 住宅街に輝く赤星、聳え立つポテサラ

f:id:sugi321:20160627072446j:image

 

 

 

金曜日は呑む。翌日が土曜出勤だろうと呑む。

死ぬまで1日24時間の繰り返しのハズだが、

1週間というスパンで見ると、

金曜日を優等生扱いしてしまう。

本来は翌日が休みだからであって、

土曜出勤なのだから、大人しく帰れば良いのだが、

金曜日の魔力には勝てない。

 

 

 

 

この日は酒飲み相棒BKD氏と浦和で待合せだ。

お互い職場が近いのに、都内で飲まずに、

わざわざ埼玉まで戻り、基本初めての店に入る。

 

 

 

 

この日は、私の我儘で、浦和の大衆食堂へ。

南浦和と浦和のちょうど間ぐらいにある

〔おすず〕にお邪魔することに。

仕事が早く終わったので、一足先に向かう。

南浦和で下車し、西口を出て、目的地へ向かう。

住宅街の間、迷路のような路を進み、

15分ほど歩いたところで、目的地に到着。

 

 

f:id:sugi321:20160627074133j:image

 

 

f:id:sugi321:20160627074427j:image

 

 

駅前の喧騒を離れ、

あまりにも落ち着いた住宅街。

道中、本当に店があるのか…と不安になったが、

無事に到着出来て良かった。

地味にアップダウンが続き、少し汗ばんでいる。

 

 

 

暖簾をくぐると、正方形の店内。

右手の壁沿いにカウンターがあり、

真中にテーブル席が6卓ほど並ぶ。

テーブルでは家族連れが定食を食べ、

仕事終わりのリーマンがテレビを見ながら、

瓶ビールを飲み進めている。

大衆食堂独特のじっとりとした空気が、

身体に絡みついてくる。これだ。これ。

じわじわとお店への期待が高まっていく。

 

 

f:id:sugi321:20160627075658j:image

 

 

 

2人掛け用のテーブルに腰を下ろすと同時に、

「とりあえず、瓶ビールを下さい」と伝える。

店内の壁に貼られたメニューに見をやりながら、

瓶ビールを待っていると、

なんと大好きな赤星が運ばれきた。

しかも、大瓶で(480円)という安さだ。

さっそく、手酌でビールをグラスに注ぎ、

1週間の頑張りを振り返る暇もなく、

一気に喉の奥に流し込む。う〜旨い。。

しっかりと冷えていて、喉に沁みる。

 

 

 

f:id:sugi321:20160627080202j:image

 

 

お願いしていたポテトサラダも到着。

皿上に高く積まれたポテサラが聳え立っている。

まるで、富士山を彷彿とするその御姿。

後ろに輝く赤星と相俟って画になるではないか。

このポテサラも(170円)とお安い。

まだ来ない相棒BKDに、LINEでこの写真と、

「ポテサラリーマン!」と下らない一文を送る。

 

 

 

f:id:sugi321:20160627122946j:image

 

 

追加で注文しておいた「レバーにんにく炒め」。

基本的に、にんにく大好き人間なので、

迷わずに注文してみたら、案の定旨かった。

甘辛いにんにくダレのきいたレバーに、

キャベツの千切りを絡めて食べる。

ビールが進まないはずがない。 

こちらも(220円) とコスパ最高である。

 

 

 

 

そうこうしている内にBKDが到着。

瓶ビールを追加でお願いし、乾杯する。

駅から結構距離があるね〜と話しつつ飲み進める。

彼は餃子とにんにくレバー炒めを注文。

 

 

 

 

瓶ビールも3本目に入り、

結構お腹も溜まってきたのだが、

やはり定食が食べたいという願望を捨て切れず、

私はロースカツ定食(560円)を注文…。

BKDはこういう所ではカレーが良いのだよ、

とスタンダードなカレーを注文していた。

 

 

 

f:id:sugi321:20160627124302j:image

 

 

ボリュームたっぷりの定食が到着。

メインのロースカツの背後には、生野菜の他に、

カレー風味のマカロニと、もやし炒めが、

少量であるが添えられている。

こういう優しさが有難いというか素直に嬉しいのだ。

 

 

御飯も味噌汁も漬物ついて、

そして、このボリュームでこの値段。

肝心の、ロースカツも柔らかくて申し分ない。

ソースをたっぷりかけ、カラシをチョンチョンとつける。

後は御飯片手に、ガツガツと食べていく。

3本目の瓶ビールを飲み干し、

ロースカツ定食も完食。もう腹パンだ。

 

 

 

 

 

浦和 大衆食堂 〔おすず〕は個人的には

どストライクのお店である。

安くて、旨くて、ボリュームもある。

まさに庶民の味方を体現したようなお店である。

いささか、駅から遠いが、

歩けないこともないので問題ない。

近々、再訪した時は、

茄子のお浸しをアテに日本酒を呑もう。

いまから、もう楽しみで口元が緩む。

 

 

 

 

 

お会計を済ませて、BKDと2人駅に向かう。

あぁ土日も営業してくれたら良いのに…と、

2人で、ぶつくさ言いながら帰る足取りは、

腹パンの分を差し引いても、

いつもよりも軽かったはずだ。

ごちそうさまでした。