あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

神戸新長田 かつまさ あつあつカレーうどんで腹パン

f:id:sugi321:20160617190623j:image

 

 

 

神戸から東京に戻る日。

昼ご飯をどこで食べるか考えていた。

須磨方面に行く予定があったので、

三宮で途中下車して、うどんでも食べるか

と考えていたが、調べてみると、

乗り換えの新長田にも、ちらほらうどん屋がある。

 

 

 

 

f:id:sugi321:20160617191321j:image

 

 

 

新長田の駅を出ると、南北に走る大きな道路がある。

北に向かって、2本目か、3本目の路地を左へ。

少し歩くと手作りうどん 〔かつまさ〕がある。

この辺りも震災で相当打撃を受けたのであろう。

整備された街並みが新しく感じられる。

そんな中に大きな暖簾を出したうどん屋がある。

 

 

 

神戸といえば、「ぼっかけ」である。

ぼっかけ」とは牛すじコンニャクを、

甘辛く煮込んだ料理だ。まぁ、すじコンなんだが、

長田界隈では、「ぼっかけ」と呼んでいる。

この、ぼっかけを入れた「ぼっかけうどん」を

神戸の〆に食べて帰ろう。

それで思い残すことのない帰省となるはずた。

なんて考えていたのであった。最初は…。

 

 

 

 

店内に入り、奥のテーブル席に1人座る。

メニューに目をやると「本日のランチ」がある。

で、そのメニューが「鶏肉のカレーうどん」。

ライスがつくし、大盛も無料らしい。

 

 

f:id:sugi321:20160617192941j:image

 

 

ふぅ〜ふぅ〜 アッツ!

取り分け用のお椀を問答無用で使いながら、

あつあつのカレーうどんをすする。

そう、気づけば、ぼっかけうどんから、

カレーうどんに浮気している自分がいた。

 

 

 

 

少し固めの自家製うどん。

一本が長く、しっかりして、コシがある。

このうどんに負けないように、

カレーも濃い目の味付けで、旨い。

春の陽気、快晴のGW後半、

新長田で無心で、カレーうどんををすする。

そして、鼻水がダラダラと出てくる。

しっかり、御飯も食べ切り、

大盛カレーうどんを腹パンで完食した。

 

 

 

 

今回は浮気をして、カレーうどんにしたが、

〔かつまさ〕では、ぼっかけも有名なようだ。

さらに、アルコールやおつまみメニューが凄い。

なんといっても、アルコールがお安いのだ。

車に乗る予定だったので、今回は断念したが、

次回、来訪時は、天ぷらをアテにチューハイ、

最後に「ぼっかけうどん」で〆る。

そんな夢のようなコースを実現したいものだ。

 

 

 

その後、神戸市営地下鉄に乗り、

思い出深い妙法寺駅へ向かう。

リファーレ横尾という、これまた思い出深い、

駅前モールで、買い物を済ませ、

多井畑厄神の近く、天然酵母パン「味取」へ。

 

 

f:id:sugi321:20160621074242j:image

 

 

ここのパンは美味しい。

天然酵母のもちもち系。お酒にも合う。

バジルとチーズのパンを購入。

その後は家の用事をもろもろ済ませて、

東灘区の実家へ一旦もどり、荷物をまとめて、

高速バスに乗り込み、新神戸へ向かう。

 

 

 

f:id:sugi321:20160621074536j:image

 

 

 

道中、湾岸ハイウェイから見える海運風景。

東京へ戻るとなると、名残惜しい気持ちになる。

無事に、新幹線に乗り込み、一息。

 

 

f:id:sugi321:20160621075910j:image

 

 

〔味取〕で買ったパンと、実家にあった缶チューハイ

パンからバジルの良い香りが車内に広がる。

美味しいパンだが、チューハイがイマイチだった。

 

 

 

 

久しぶりの長期帰省はやはり楽しい。

もう少し大衆酒場や食堂に行ければ、尚良かったが、

次回帰省時の楽しみにしておこうと思う。