読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

神戸水道筋モンク 神戸ハイボールに浸る

f:id:sugi321:20160609211443j:image

 

 

まだまだ帰省した時の事をつらつらと書く。

そういえば、次の帰省はいつだろうか…

今年から、新たな祝日「山の日」ができる。

それとお盆を絡めての5連休帰省が濃厚だが、

お盆時期だと、飲み屋が休んでたりするし…

でも、5連休は捨てがたいなぁ

 

 

 

 

新在家〔日の出もり家〕を出た我々は、

小雨が降る中、JR六甲を越えて北上し、

阪急六甲へと向かう。結構な坂が続く。

阪急六甲はめちゃくちゃ久しぶりで

懐かしく感じていたが、完全スルーで、

阪急電車に乗り込み、王子公園へと向かう。

 

 

 

f:id:sugi321:20160609211705j:image

 

 

 

関西の各私鉄沿線には、独特の雰囲気がある。

阪急電車といえば、山手を東西にはしる、

いわゆる高級感満載の沿線である。

その阪急と、全く相容れないWパイセン…

少し離れた所に他人のふりをして座る。

 

 

 

 

王子公園駅の改札で、MIOちゃんと合流。

地元ということで、色々と案内してもらう。

まずは、ぶらぶらと水道筋商店街へ。

 

 

f:id:sugi321:20160609211734j:image

 

 

なにやら、ネコ探しなるイベント看板を発見。

3人ともネコに興味がないので華麗にスルー。

今日はお祭りをやっているということで、

摩耶山?の結構上の方まで上がっていく。

 

 

f:id:sugi321:20160615065333j:image

 

 

道中、的屋が出て子供たちで、賑わっている。

生ビールを買い、飲みながら歩く。

 

 

f:id:sugi321:20160615065354j:image

 

 

神戸は本当に坂が多い。

終着の神社で一礼をして、Uターンする。

 

 

 

f:id:sugi321:20160609211753j:image

 

 

小雨でどんよりしているからか、

的屋の灯りから離れるとかなり暗い。

坂道を下りながら、これからどこに行こうか、

と3人で話しながら歩く。

もともと行きたかった〔一燈園〕は営業中。

ただ、腹パン過ぎて食べれる気がしない。

では、〔高田屋〕を覗いてみようということで、

向かうも、お祭りの為、臨時休みであった。

では、ここにしようとMIOちゃんオススメの

スタンドバー〔モンク〕にお邪魔することに。

 

 

 

f:id:sugi321:20160609211819j:image

 

 

水道筋商店街を進み、

少し北に上がると畑原東商店街がある。

そこに、ひっそりと輝くネオン。

店内も昭和モダンの香りが漂う。

 

f:id:sugi321:20160609211911j:image

 

 

とりあえず、乾杯しましょう。

お腹いっぱいなので、ウィスキーから。

 

 

f:id:sugi321:20160609211930j:image

 

 

ハイランドパークの12年をストレートで。

 

 

f:id:sugi321:20160609211948j:image

 

おつまみに、ドライフルーツを。

2杯目はラフロイグをストレートで。

チビチビと飲め進めていく。

 

 

 

3人とマスターで、神戸の昔話で盛り上がる。

名谷駅でローラーが踊っていた話からタケノコ族。

三宮のアメ村?、ジョイントの男館、女館など。

神戸で遊ぶのはまずは三宮だから、

みんなどこかしらの記憶で繋がっている。

 

 

 

f:id:sugi321:20160609211443j:image

 

 

最後の一杯と言うことで、

「神戸ハイボール」をお願いする。

冷凍庫で冷やしたウィスキーと、冷やした炭酸、

そして、冷やしたグラスを使う。

氷は使わないいわゆる、三冷式である。

ウィスキーの味が強いが口当たりは良い。

氷がないので、溶けて味が崩れることもない。

最後までウィスキーの味が楽しめるハイボールだ。

学生時代に読んだ本で存在を知っていたが、

しっかりと飲んだのは初めてである。

何だか、感慨深かった…

 

 

 

f:id:sugi321:20160609212100j:image

 

 

 

スタンドバー〔モンク〕は、

酒好きなら、目を輝かせる本が何気に並んでいたり、

店内を描いた(というか切り抜いた)

成田一徹さんの切り絵が飾ってあったりと、

とにかく、心が躍る素晴らしいお店であった。

そして、男前のマスターと美味しいお酒。

近所にあったら確実に入り浸るなぁ。

案内頂いたMIOちゃんと、

甘いカクテルに挑戦したWパイセンには、

改めて感謝を意を述べつつ、

次回の水道筋ツアーに今から期待している。