あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

神戸新在家 日の出もり家で赤星と粉もんをキメる

f:id:sugi321:20160607064705j:image



いやはや、気付けば6月も一週間が経過。
関東地方は梅雨入りを迎え、
ちらほら、紫陽花も咲き始めている。
そんな最中、GW後半の様子をお届けするこのブログ。
誰が興味あんねん!!
こんばんは。ヤナギブソンではなく、、、
お〜い久馬似の私です。




連休の後半は、焼鳥を食べに、
王子公園の〔菊一〕にお邪魔する計画だった。
が、帰省を1日早めたので、計画は頓挫。
その穴埋めと言っては何だが、
地元の先輩と六甲辺りで御飯を食べることに。
地元の先輩と言っても、いつもの彼。



f:id:sugi321:20160607070120j:image



……

………


そう、ジャッキーチェンの映画で、
ジャッキーに瞬殺されるチンピラ似の彼。
N&Wヒゲのバンド Wパイセンだ。




JR六甲駅で待ち合わせ、
北に南に周辺をウロウロするも、
2人の琴線に触れるような大衆系のお店はなく…
そのまま、南下し、阪神 新在家に向かう。



f:id:sugi321:20160607064952j:image



すると、心揺さぶる立ち看板が!
定食 いろいろ!?って、またざっくりな…汗



f:id:sugi321:20160607065012j:image



そしてこの店構え。もうここにするしかない。
ということでお邪魔したのがこちら。
新在家駅北側の〔日の出もり家〕である。
中に入ると、相当数のテーブルが並び、
早い時間なのに多くのお客さんが食事している。
一階だけでなく、どうやら、二階もあるらしい。
かなりの大箱、大衆食堂(粉もん屋)である。



f:id:sugi321:20160607065038j:image



まずは、とりあえずの瓶ビールをお願いすると、
なんということでしょう。大好きな「赤星」。
下戸のパイセンにも付き合ってもらい、
2人で乾杯をして飲み始める。



f:id:sugi321:20160607065101j:image


何か、おつまみをとメニューを見るが…
これがメニューが多くてなかなか決まらない。
とりあえず、ホルモン煮込みを注文して時間を稼ぐ。



f:id:sugi321:20160607064736j:image



また、このホルモンが旨いのなんの…
牛ホルモンを醤油ベースで甘辛く煮込んでいる。
関東で散々食べているモツ煮は豚モツだが、
やはり、関西では牛モツでしょ。



f:id:sugi321:20160607064753j:image


追加でお願いしていた「豚平焼」も到着。
ふっくらした卵の中に、厚めの豚肉。
トンカツとか、トンテキレベルの厚さだ。
ボリュームたっぷりで、最高に旨い。



f:id:sugi321:20160607064804j:image 



この辺りでチューハイに切り替える。
レモンチューハイは甘いタイプだったが、
輪切りのカットレモンが嬉しい。




f:id:sugi321:20160607064933j:image




これまた、追加オーダーの串カツ。
一番大きい奴が、定番の豚肉とタマネギだろうと、
何も考えずに齧りついたが、実際はイカだった…
たしかに、豚バラとタマネギコンビは、
あまり関西の串カツでは見ないような…
どろソースなんかかけて辛めに頂いた。
しかし、串カツにイカは普通なのか…汗



f:id:sugi321:20160607185834j:image




パイセンの胃が小さい上に、全くお酒も飲まないので、
ほぼ私が飲み食いしていた状態だが、
さすがに、お好みも食べたいので、
スジ焼きに、ニンニクトッピングをお願いした。




見た目も、味も申し分ない美味しいお好み焼きだが、
トッピングのニンニクが凄かった!!
普通、ニンニクスライスや微塵切りを想定するが、
なんと、がっつりニンニク片が入っていた…
要するに、ニンニクの「かけら」である。
ニンニク大好きな私でも途中、
少しばかり気持ち悪くなったが無事完食も、
尋常じゃないくらい口からニンニク臭がする。




その後、食べながら連絡を取っていた仲間と
この後、合流出来そうということで、
お会計を済ませて、阪急王子公園へ向かうことに。
しかし、たまたまお邪魔した〔日の出もり家〕だが、
雰囲気も、味も、ザ関西という感じで良かった!
ボリュームがあるので、1人よりは人数がいた方が、
色々、食べれて良い感じである。



f:id:sugi321:20160607191335j:image



会計中の、なんやかんやで、太っ腹のパイセン。
ご馳走さまでした。東京で焼きとんご馳走しますので。
小雨の中、一路、王子公園に向かうのである。