読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

十条 斎藤酒場 たけのこ煮で春を感じる

東京都〔十条〕
f:id:sugi321:20160505092215j:image


連休に入る少し前。
気持ちはもう連休気分でソワソワしている。
仕事もノー残業デーなので、
どこかで寄り道して帰ろうと悩んだ挙句、
斎藤酒場さんにお邪魔することに。


f:id:sugi321:20160505092215j:image


一杯目から、珍しく瓶ビールをお願いする。
もちろん、サッポロラガーの赤星。
味というか、苦味がたまらないのだが、
やっぱりこのラベルがかっこいい。



おつまみはどうしようかと、
壁に貼られた品書きに目をやっていると、
いつもの店員 おばさまから、
「今日は、たけのこあるわよ」と一言。
おっ、良いねと早速お願いする。



f:id:sugi321:20160505093608j:image


薄味の出汁に、シンプルにたけのこのみ。
これが、また優しい味で旨い。
少し塩味があって、出汁もアテになる。
瓶ビールと、たけのこ煮。
もう外は暑くなっているし、
桜も散り、緑が鮮やかである。
旬の食べ物で、季節を感じるのもまた良い。



小腹が空いていたので、
追加でカレーコロッケを注文する。
カレーコロッケを考え出した先人は凄い。
最近ではめっきり見なくなった気がするが、
斎藤酒場では現役バリバリである。



カレーコロッケを見なくなったのは、
たまたま私がそうなだけかもしれない。
たまに北浦和商店街にある肉屋さんや
与野本町の図書館近くの肉屋さんで、
コロッケを買うことがある。
メンチカツ、ハムカツは目にするが、
あまり、カレーコロッケを目にしない気がする。




f:id:sugi321:20160505100107j:image



久しぶりに、チューハイをお願いする。
カレーコロッケとの相性もぴったりである。
もう一杯、チューハイを飲んだところで、
お勘定をお願いすることに。
よし、もう一軒飲んで帰るか。
寄り道が大きくなり始める。まあ、いつもの事だ。