読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

北浦和 狸穴 焼酎ハイボールで四方山話を

埼玉県〔北浦和〕
そういえば、少し前に北浦和〔狸穴〕で、
マスターと色々と喋っていた時のことだ。
今年(今年度)はどういうコンセプトで行くか、
求められてもいないのに、
あーだこーだ、2人で意見交換をしていた。



あ、そうそう最近のチューハイ偏愛を考慮して、
最近は、炭酸セットをいつも出してくれる。


f:id:sugi321:20160411190600j:image

金宮ボトルに、炭酸に、ポッカレモン。
このセットがあれば永遠に飲める。ありがたい。



平日の比較的早い時間か、
どっぷり酔いが回った金曜日か、
にだいたいお邪魔している〔狸穴〕だが、
酔っていない平日には、意外と真面目な話をする。


f:id:sugi321:20160411190625j:image


さらに、この日は「かっぱえびせんの二度揚げ」
も出してくれた。油を吸い込んでいるので、
サクッとした後、しめっと来る感じ。
要するに、新食感なのだ。キングオブジャンク。


f:id:sugi321:20160411190654j:image


コリコリがストーブの前で、
気持ち良さげに寝ている。
昨年から増えて来たライブイベントや、
最近、やっていた古本市など、
今年はイベントに力を入れるようだ。
良い方向性だと思う。微力ながら協力したい。



学生時代、個人経営の居酒屋で
長い間、バイトしていたことがある。
だが、その店は今は存在しない。
飲食店の経営は非常にシビアだ。
一介の客が偉そうに、と批判もあると思うが、
好きな店で、いつも通り飲んで、楽しむ為には
その店が利益を出し、継続する必要がある。
〔狸穴〕にはさらなる発展を期待したい。



酒呑みの矜持というものがあるとするなら、
好きな店で好きな酒を飲める、ことに対して、
感謝とその行動をとることだと思う。
呑み方は人それぞれなので賛否はあるだろうが、
常連になるということは、店側と目えない連帯を生み、
客側にも、それなりの責任が生まれる。



f:id:sugi321:20160411190723j:image

なんて難しいことを考えているふりをしながら、
実際は「マカロニほうれん荘」を読みながら、
ニヤニヤしながらチューハイを飲んでいる。


f:id:sugi321:20160411190733j:image


マスターに勧められた 上村一夫
たしかに企画展があれば行きたくなるな。


f:id:sugi321:20160411190812j:image

あ、そうそうイベントということで、
先日、北浦和公園にて狸穴花見を開催。


f:id:sugi321:20160411190816j:image

お花見シーズンど真ん中に関わらず、
多くの方に参加頂いた。
意外と平均年齢が若いことに、
おじさんは驚きを隠せなかった…汗