あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

赤羽 もつ焼き おやじぃ で焼酎ハイボールと絶品もつ焼き

f:id:sugi321:20160120141206j:image

仕事がうまく行っていないわけでもない。
逆に、仕事がうまく行ってるわけでもない。
要するに通常営業中ということだ。
なのに、仕事終わりに無性に飲みたくなった。



基本的に1人酒で、この衝動を抑える事が多い。
というか飲んでいる時点で、抑え切れていない。
だが、今日は同じ衝動を覚えているであろう、
酒呑み同胞に連絡をしてみた。


早めに連絡したせいか、
飲みましょう〜との返信を頂いた。
双方の帰りを考えて、赤羽で集合である。
先に着いた私が店を選ぶわけだが、
全く待つことはせず、先に入店する。


f:id:sugi321:20160120141224j:image

美味しいもつ焼きが食べたいということで、
もつ焼き〔おやじぃ〕にお邪魔することにした。


入店後、店の場所を知らせると同時に、
先に始めてるね、といつものやつを伝える。
酒呑みは待つのも、待たれるのも嫌いだ。
いや、嫌いなはずだと本気でそう信じている。

f:id:sugi321:20160204182231j:image

こちらの名物、焼酎ハイボールをお願いする。
氷がないのが特徴で、賛否はあると思うが、
私は大好きだ。よく冷えていて、炭酸もきつめ。



f:id:sugi321:20160120141217j:image

あまりに焼酎ハイボールがうまいので、
1人でやきとんも注文し始める始末。
かしら、はらみ、なんこつをお願いし、
最初に出てきたのが彼らだ。


f:id:sugi321:20160120141238j:image

遅れて、なんこつも到着。
串は小ぶりで、丁寧な仕事ぶりが伺える。
そして、一口食べるとその柔らかさに驚愕する。
あれ、普段食べてるのって…
と逆に悲しくなってしまうほど旨い。 



そうこうしている内に同胞が到着。
まずは生ビールと焼酎ハイボールで乾杯だ。
何か食べようかということで、何品か注文。

f:id:sugi321:20160120141244j:image

おすすめの山盛りキャベツ的なサラダ。
これがまた旨くてモリモリ食べてしまう。
キャベツの他に、串焼きの追加や、アジのたたき、
などをアテに、深く飲み続けていく。
よい感じに酔いが回ってくる。
4、5杯焼酎ハイボールを飲んだろうか。


f:id:sugi321:20160120141304j:image

時間も良い頃合いとなり、最後と称し、
モツ煮とお酒のおかわりをお願いする。
酔いが回って、写真がブレブレだ。
最後に食べたモツ煮。これがまた絶品だった。
本当に普段食べてるのは何やったんや…
という感覚に陥ってしまう。



そろそろ帰るか、とお会計をお願いする。
ごちそうさま、おいしかった!と、
自然と口から溢れる。
6杯ほど焼酎ハイボールを頂いたが、
1杯が300円なので懐にもとても優しい。



同胞も気に入ってくれたようで、
近々、またお邪魔したいと思っている。
炭酸きつめの焼酎ハイボールをグィと飲みに。