読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

十条 タイ風居酒屋 イサーン ダッタンそば茶割り

東京都〔十条〕

f:id:sugi321:20160120141433j:image

今日も今日とて、十条で途中下車。
サクッと飲んで帰ろうと思っていたが、
そうは行くはずもなく。


最近、勝手に懇意にさせて貰っている
タイ風居酒屋〔イサーン〕にお邪魔することに。
埼京線十条駅を出て、線路を渡り、目的地へ向かう。
路地に入ると肉屋が今日も串焼きを売っている。
向かいの和田屋からも賑やかな声が聴こえる。
いつも通りの日常だ。


時刻は18時過ぎ。
店に入ると先客は2組4名。
早い時間帯にも関わらず、
結構、飲み食いを重ねているようだ。


f:id:sugi321:20160127070142j:image


「ママ、こんばんは。ダッタン蕎麦茶割ください」
注文と同時に千円札を2枚、カゴに入れる。
すぐに出て来た蕎麦茶割を飲みながら、
アテの注文を考える。
こういう時間がなんとも心地良い。
 

よし、今日も辛めでいこう。
「鶏レバーガパオ炒めを辛めで」
と初めて食べる料理を注文してみた。


f:id:sugi321:20160120141516j:image

無類の鶏肉好きで知られる私だが、
ご多分に漏れず、鶏レバーも大好物である。
蕎麦茶割をおかわりしながら料理を待つ。


お待たせ、と出された一皿。
まず、ガパオ炒めの良い風味が鼻を擽る。
大きめにカットされたピーマン、たまねぎ、
見た目も唐辛子の赤が映えている。
味はしっかり素材の良さが残りながら、
香辛料の香りと、追随する辛味。
これは、お酒の相棒にピッタリである。


美味しさに心を躍らせながら、蕎麦茶割を追加。
たまにこういう当たりがあるのが嬉しい。
料理とお酒を平らげて、会計を済ませる。
サクッと飲み食いしたところまでは良かったが、
外に出た瞬間、余りの寒さに熱燗が恋しくなり、
足が向かうのは、いつもの〔斎藤酒場〕だ。