読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

御徒町 八十郎 人気ワインバルを堪能

東京都〔御徒町〕

「食」にうるさい友人がいる。
私は陰で彼のことを「山岡」と呼んでいる。
数は少ないが、東京で働く関西時代の友のうちの、
1人であり、酒呑みである。謂わば、同胞だ。
そんな彼のアテンドで、
御徒町の人気ワインバル〔八十郎〕で、
某会の打ち上げを兼ねた飲み会が行われた。


京浜東北線 御徒町駅の南改札から、西側へ進む。
御徒町で時々、飲むがこの界隈は初めてだ。
あっさりと目的地を発見した。

f:id:sugi321:20151216070718j:image


時刻は18時。
待ち合わせ時間にぴったりに入店。
さすが人気店だけある。
奥のカウンターから、手前のテーブル席。
ワイングラス片手の客で店内は満席である。


友人は先に到着していたようで、
お酒を注文するところであった。
「生でええやろ」と聞かれたので、
「ええよ」と答える。
お酒と一緒に、前菜盛合せと、人気のある、
米沢豚の自家製ソーセージを注文している。
混雑している店の楽しみ方を、
よく理解している立ち回り方である。


f:id:sugi321:20151216070728j:image

カールスバーグの生ビールで乾杯。
一口飲んだ後に、写真をパシャりした。
あわの口当たりが軽く、のどごしシャープ。
店側の愛情を感じる生ビールである。


f:id:sugi321:20151216070737j:image

そうこうしているうちに、前菜盛合せが到着。
この見た目、このボリューム!
一つ一つ紹介して頂いたが、うっかり忘却の彼方に。
手前の、アナゴのフリットバルサミコ酢
がかかったのが旨かった。
センターにいるゴルゴンゾーラのポテサラは、
大人の味だ。さすが不動のセンターである。


f:id:sugi321:20160107065749j:image

米沢豚の自家製ソーセージも遅れて到着。
皮がパリッとしていて、中もジューシーだ。
ワインが飲みたくなる。


f:id:sugi321:20151216070749j:image

というわけで、
この辺で赤ワインに切り替える。
シラーズだったかな。


f:id:sugi321:20151216070759j:image

昨今のアヒージョブームに乗っとり、
エビと京都九条ねぎアヒージョをオーダー。
溢れたねぎをオイルに浸して、しんなりさせる。
自ら、一工程加えることで、
ねぎに、愛着を感じてしまうやないかい。
バケットをお代わりしたと言えば、
その美味しさが伝わるのではないか。


f:id:sugi321:20151216070821j:image

お肉も頂こうとオーダー。
牛スネ肉の赤ワイン煮込み。
肉らしさが残り、噛むと深い味が広がる。


f:id:sugi321:20151216070837j:image

もちろん、赤ワインが進む君。
ボトル2本目。


だいぶ、お腹も落ち着いてきた。が、
色々食べたいということで、追加で注文する。
トリュフとフォアグラのリゾットを、
ペロリと平らげた後、白ワインボトルと、
たっぷりシラスのペペロンチーノをオーダー。


f:id:sugi321:20151216070846j:image

いや、シラスでパスタ見えへんやないか〜い🍷
しまった。筆が進み、某貴族になってしまった。
見事にパスタを平らげ、白ワインのボトルをあける。
完飲完食。山岡が勧めるだけあり素晴らしいお店だ。


仲間たちと、美味しい料理、お酒を楽しむ。
やっぱ、これやね。