あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

東浦和 ざっくばらん でラーメン屋飲み

f:id:sugi321:20151225065514j:image
とあるお休みの日。
奥さんと、子どもは用事で外出。というわけで、
「1人で軽く飲みにいくか」
とネットでお店のリサーチを開始した。


ソファに横になり、スマホをいじり始める。
Googleでそれらしいワードを入力すれば、
即座に色々な情報が現れる。便利なものだ。
そういえば、このweb検索という機能は、
少し前まではなかったわけだが、
我々、流浪型の酒呑みは、どうやって
美味しいお店探していたのだろうか。
ふと、そんな疑問が頭に浮かぶ。


例えば、酒呑みは独自のアンテナが発達し、
店の外観や雰囲気で店の良し悪しを、
判断できるようになったのだろうか。
否、酒呑みの第六感は馬鹿に出来ないが、
地道に、様々な媒体で調査したのであろう。


雑誌や飲み屋での情報がそれに当たる。
そういう意味で雑誌の存在価値は大きかった。
関西にいる時は、「京阪神エルマガジン社」の、
雑誌やムックをよく購入したものだ。
情報を参考にして、三宮や元町、御影や芦屋まで、
足を運び、様々なお店探訪したのは良い思い出である。


おっと、話がそれてしまった。
舌の気分は、中華系が良い感じだ。
中華料理屋で餃子を当てに、瓶ビールを飲む。
想像しただけで、笑みがこぼれる。


せっかくなので、降りた事がない駅にしようと思い、
東浦和駅前のラーメン屋〔ざっくばらん〕に、
お邪魔することにした。


時間は17時を回ったところだ。
東浦和駅に降り立ち、早速お店に向かう。
店内はカウンターとテーブル席が4卓程。
大衆的な感じは余りなく、非常に綺麗な店だ。
ご夫婦で切り盛りしているようで、
テキパキと働かれているのが印象的である。


暖簾を潜り、そそくさとカウンター席に座り、
生ビールと餃子をお願いする。 
すぐに生ビールが到着し、グイッと一口飲む。
後は餃子が来るまで、ちびちびビールを飲み続ける。
そして餃子が到着し、念願のビールのご対面である。
こちらの餃子だが、実はかなり美味しかった。
パクパクと食べてしまい、
すっかり写真を撮ることを忘れていた…汗


まだまだ飲み足りないので、
ビールのお代わりとおつまみの三種盛りをお願いする。

f:id:sugi321:20151225065514j:image

おつまみの三種盛りとは、
煮卵、チャーシュー、メンマが一皿に盛られた、
なんとも豪華で、テンションが上がる一品だ。
ほぼ、調理済のものであり、提供も早い。
もともとは、ラーメンの具材として誕生した彼らが、
酒呑みに請われたのか定かではないが、
おつまみとしてトリオを組んだわけである。
ありがたや。


これをつまみに、レモンサワーへ切り替える。
メンマは食感が堪らないな。
チャーシューは少し塩気が強く酒が進むな。
煮卵は最後に残しておこうか。なんぞ、
1人レモンサワーを飲みながら考えを巡らせる。


追加のレモンサワーをお願いすると共に、
店内が混み始めたのでラーメンもお願いしておく。
この日の私にはラーメンは〆ではなく、
レモンサワーのお供である。


f:id:sugi321:20151225065549j:image

少し待った後、シンプルなラーメンが運ばれてきた。
良い感じに酔いが回っている。
そして、眼前には旨そうなラーメンがある。
なんか、幸せやな。にやにやしてしまう。


ラーメンは見た目通り、
味噌ベースだが、割とさっぱりとしていた。
ラーメンをすすりながら、
ぐいぐいレモンサワーを飲む。


完飲完食。お腹がパンパン過ぎるので、
少し歩いて、次の店をどうするか考えるか。
そそくそと会計を済まし、
ごちそうさま、と一声かけて店を出た。
さて、どうしたものか。
と歩きながら、またスマホに頼るのである。