読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

十条 田や 鯖の薫製でお酒が進む

東京都〔十条〕

f:id:sugi321:20151212174028j:image

 
前回の続き
以前から〔斎藤酒場〕に訪れたいと言っていた友人と、
〔斎藤酒場〕でしこたま熱燗を飲んだあと、
せっかく十条まで来てくれたのだからと、
名店  大衆割烹〔田や〕にお邪魔することにした。
 
 
こちらは埼京線十条駅と、
京浜東北線東十条駅をつなぐ、
演芸場通り商店街にある大衆割烹である。
十条駅からも徒歩で5分ぐらいの立地だ。
 
 
でも紹介された十条を代表する居酒屋で、
私も遅がけに5、6回お邪魔させて貰ったことがある。
 
 
ここの鯖の燻製を是非友人に食べて貰いたいと、
2軒目に誘い、暖簾を潜ったのだ。
 
 
店内は右側にコの字のカウンター、
左側に座敷があり、真ん中が通路になっている。
カウンターに通されて、2軒目のスタートだ。
お腹の調子も大丈夫そうなので、ホッピーに切り替える。
 
f:id:sugi321:20151212175421j:image
 
白ホッピーなのだが、こちらの飲み方は、
メガジョッキで、丸ごとホッピーを1本使う。
いわゆる三冷式ではないが、
ホッピーの味をしっかりと味わえる一杯だ。
 
 
お通しをつまみながら、ホッピーを流し込む。
こちらのお通しはお皿に数種類のお惣菜を
少しずつのせて提供してくれる。
毎回内容も変わるし、何よりうまい。
お通しからお店の考え方が伝わってくる。
 
 
注文していた鯖の薫製が到着する。
 f:id:sugi321:20151213210524j:image
お醤油などはつけずに、
鯖にすりおろした生姜と白ネギをのせて、
口の中に放り込む。薫製の香ばしい香りが、
口から鼻を抜けて、広がっていく。
噛むとまず鯖の油を感じる。新鮮な鯖の証拠だ。
噛み続けると、鯖に生姜と白ネギが混ざる。そして、
薫製の風味も合わさり、最高の味となる。うまいなぁ。
 
 
 
 友人もこの鯖の薫製には満足してくれたようだ。
カウンターで二人、終電近くまで黙々と酒を飲む。
〔田や〕は料理もお酒も雰囲気もすばらしい。
飲み進めていくうちに、ここが東京ではなく、
地方のお店に来たような感覚になる。
そんな錯覚に陥るお店は中々ないのではないだろうか。
大事にしたいお店である。