読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

池袋 男体山 やきとんを堪能

東京都〔池袋〕
f:id:sugi321:20151207222703j:image

いつもの池袋で飲む。
通勤で毎日つかう駅だが、
人が多いのに辟易して、
あまり積極的に飲みでは使用していない。
と言っても、会社飲みでよく利用するので、
2か月に1回ぐらいのペースだろうか。


池袋在住の友人と待ち合わせて、
彼の案内でお店へと向かう。
東口のビッグカメラの裏側の路地に、
居酒屋が点在しており、
その中の1つ、やきとん「男体山」へ。


暖簾をくぐると、長めのカウンターがあり、
1人客が黙々とやきとんを食べている。
店内のBGMはなく、無音。
これがまた黙々感を演出している。
2人客の我々は、そのお客さんたちの後ろを、
通りますと声かけながら進み、2階席の方に通された。


「とりあえずビールやね」
「赤星と、グラス2つ」
阿吽の呼吸で最初の注文を済ませる。

f:id:sugi321:20151208065936j:image

質素に乾杯をして、飲み始める。
注文もしとこうか、と夫々好きなものをお願いする。

f:id:sugi321:20151208070058j:image

コブクロ刺し、
かしら、しろ、レバー、そして、なんこつタレ。
安定の「からし」もしっかりとついている。


串は良い感じに小ぶりになっている。
串焼き系は下準備が大変だから、
こういう小ぶりで丁寧な串を見ると、
朝からパートのおばさまたちが、
黙々と串打ちしている姿が目に浮かぶ。


やきとんなら、ホッピーやね。
f:id:sugi321:20151208070514j:image

お得とかかれていた金宮カップセットを注文。
これで3杯分とかかれていたが、
残念ながらホッピー呑みとして、
あまり、お得感は感じれなかった。


そうだった。ここは池袋だった。
いつもの感覚でいてはダメなのだ。
この基準がデフォルトなのだ。


もう1人合流するとのことで、
1人1,500円程の会計を済ませて、
人多い夜の池袋で、次の店へと向かった。