読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ我が酒呑み人生よ

お酒と読書とお酒

北浦和 九州地鶏屋台 本格焼鳥とホッピーで一杯

埼玉県〔北浦和〕
f:id:sugi321:20151205121747j:image

水曜日はノー残業デー。
私の勤める会社では毎週、
水曜日を定時退勤日として、
早めの帰宅を勧めている。


酒呑みにとって、ノー残業デーはありがたい。
18時前には一杯目にありつけるし、
深く飲み続けることができるからだ。


だが、次の日、飲み過ぎたと後悔する。
そして、ノー残業デーの所為だと憤る。
さらに、悔恨からかノー残業デー何ぞ、
ありがたくないと思い始めるが、
また次のノー残業デーが来た頃には忘れ、
杯を傾けている。



この日は、友人と北浦和で待ち合わせ。
小雨が降り、とにかく寒いが、
何軒かこれから行くお店を調べながら、
電車で北浦和に向かう。
この店選びのワクワク感は、風俗の待合室で、
呼ばれるまでのドキドキ感に近い。
いや、違うか。


久しぶりに〔みや〕でもつ煮でもと思って、
暖簾を潜ったが満席。
そういえば忘年会シーズンに入っていた。


これまた久しぶりに、
丁寧で美味しい焼鳥を提供してくる、
「九州地鶏屋台」にお邪魔することにした。


f:id:sugi321:20151207191321j:image

友人から、浦和で用事が終わったので、
向かいますとの連絡が入る。
「先にやってます」という魔法の言葉を伝えて、
1人、とりあえずの白ホッピーを飲み始める。



メニューの黒板を見ると、「おでん」の文字が見える。
寒いから、今日はおでんからやな。

f:id:sugi321:20151207191916j:image

今日のレギュラーは、大根と玉子とさつま揚げだ。
どれも100円もしなかったように思う。
しっかり出汁の効いたおでんで、
からしをべったりつけて、
温かいうちにテンポに良く口に運んでいく。
そして、白ホッピーをグイッと飲む。
うまい。

ホッピーの中は金宮を使っている。
そう、こちらは金宮優良店なのである。
値段も安く、気持ち良い金宮を出してくれる。


そういえば、こちらで昔。
f:id:sugi321:20151207192526j:image

金宮の日本酒をご馳走になったことがあった。
季節モノなのか、あまり流通してないような気がする。



友人が到着し、2人飲み始める。
店内はカウンターだけなのだが、
すごく変わった形になっている。
簡単に言えば、
二等辺三角形の二等辺がカウンターで、
その中に店主がいるような、
三角とんがり店舗なのである。


写真は撮り忘れたが、
お久しぶりの焼鳥も頂きテンションが上がる。
東京色に染まるつつあるが、
関西人としては、焼鳥といえば「かしわ」。
火力の強い炭火で焼かれる焼鳥は、
炭の香ばしい風味があり別格の旨さだ。
油の多い皮や、身の柔らかいレバー、
非常に焼くのが難しいが、
こちらは丁寧な仕事ぶりに関心させられる。


そういえば、先週も飲んだね。
なんて野暮な言葉は出さずに2人、お酒に耽る。
気付けば良い時間になり、外は雨が上がっていた。